コラーゲン注射

コラーゲンの効果をより確実に手に入れたいのであれば、コラーゲン注射を考えてみるのもひとつです。 費用はかかりますが、最もコラーゲンを効果的に摂取する方法なので、実際に効果を実感している人も少なくありません。 注射にはいろいろと種類があるので、自分にあったものを選びましょう。

トップページ > コラーゲンの豆知識 > コラーゲン注射

いろいろあるコラーゲン注射の種類

コラーゲンに種類があると同じく、コラーゲン注射にも種類があり、 子牛の皮膚から抽出したコラーゲン注射が最も一般的です。

続いて多いのが、ヒューマンコラーゲンと呼ばれるヒト繊維芽細胞が原料のコラーゲン注射。 ヒトから摂取されるため、アレルギー反応もないとされています。

自分の脂肪からコラーゲンを抽出するオートコラーゲンと呼ばれるコラーゲン注射や、 スーパーコラーゲンと呼ばれるコラーゲン注射などがあります。

高額なコラーゲン注射の費用・・・、でも効果は一番期待できる!

コラーゲンを摂取する方法のなかでも、コラーゲン注射は最もコラーゲンの効果を期待できる方法です。 しかし、高い効果が期待できる分、費用も高額です。

尚、料金は病院などで異なりますので、あらかじめご了承ください。 下記料金は参考程度でお願いします。

最もポピュラーな子牛の皮膚から抽出したコラーゲン注射では、 1本の注射で10万円から、効果は2~6ヶ月。

ヒューマンコラーゲン注射の場合、費用はおよそ15万円から、効果は約1年です。

オートコラーゲンは費用が約30万円から、その効果はおよそ1年です。

最も高額なのがスーパーコラーゲンで、約50万円の費用が必要となっていますが、 効果は5~6年と最も長くなっています。

費用には、この他に診察代や麻酔代などが、別途必要となると考えてください。

コラーゲン注射は現実的なのか?

コラーゲンを摂取する上で、一番効果的な方法が注射であることには間違えないのですが、 手軽に摂取できるドリンクやサプリなどのコラーゲン製品と違い、コラーゲン注射の場合には少し高いハードルがあります。

まずは、料金面。お金に糸目をつけないのであれば、何の問題もありませんが、一般家庭で考えればかなり高額です。 しかも、効果が半永久とかではなく、コラーゲン製品と同じように定期的に摂取(注射)する必要があります。 それを考えると、経済面でのデメリットは大きいのは言うまでもありません。

次に、アレルギー。特に一番価格の安い子牛由来のコラーゲン注射は、アレルギーテストが行われます。 これは3%程度の確率で、かゆみ、赤み、腫れなどのアレルギー反応を引き起こすからです。

このアレルギーテストには約1ヶ月程の期間が必要で、このテストにパスして初めて注射が打てます。 しかし、このアレルギーテストに合格したからと言って、必ずアレルギー反応が出ないかと言うと、 そうではないのが困ったところで、注射を打った直後は良くても、時間を置いてから反応が出てしまうケースなどもあります。 いずれにしても、コラーゲン注射は、少しリスキーなものであるのです。

最後に、痛み。飲んだり食べたりするわけではなく、注射なので痛みが生じます。 病院や打つコラーゲンの種類によっては、麻酔薬が含まれているなど工夫もされているのですが、 痛みが全くないわけではないので、注射が苦手だったり、痛みが苦手な方には耐えられないものかもしれません。

デメリットばかり並べてしまいましたが、これらのことを理解し、納得した上であれば、 コラーゲン注射が一番効率良く摂取でき、効果を実感できる方法であることには変りありません。

ただ、全てを受け入れられないのであれば、無理して注射を打つ必要もないと思います。 コラーゲンは継続して摂取することが大切です。 無理せず続けられるものを選び、摂取し続けることが美しい肌を維持する秘訣なのです。

Copyright © 飲むコラーゲン
借金の取立ての悩み