プロリンとコラーゲン

プロリンはコラーゲンを作るうえで欠かすことのできない大事な栄養素です。 コラーゲンを効率良く摂取するためにも、一緒に摂取したい栄養素です。 プロリンとなるグルタミン酸を含む食品を摂取して、コラーゲンをしっかりと作りましょう。 サプリメントやドリンクに含まれている商品も販売されています。

トップページ > コラーゲンの豆知識 > プロリンとコラーゲン

コラーゲンの摂取は無意味?

「コラーゲンの摂取は意味がない」、美容やコラーゲンに関心がある人は、 こんな言葉を目にした人も多いのではないでしょうか?

では何故、コラーゲンの摂取に意味がないかといえば、「摂取したコラーゲンのほとんどがアミノ酸に分解されてしまう」 というのがその理由です。

では、実際にはどうなのかと言うと、再びコラーゲンとして構成されるので、問題ないという意見と、 まったく実意味だと言う意見がありますが、真相の方は明らかにされていません。

仮に、再び生成されると考えれば、プロリンは必要不可欠な成分となります。

プロリンはコラーゲンを作るために必要な栄養素

体内でコラーゲンを作るためには、分解されたアミノ酸に加えてビタミンC、そしてプロリンが必要だといわれています。

プロリンにはお肌の再生を促す働きがあるとされていて、ビタミンCと一緒になって働くことで、 お肌のシミや肌荒れも防ぐといわれています。

ここで言うお肌はコラーゲンのこと、つまり、主成分がコラーゲンである真皮を生成するのに必要な成分と言うわけです。

プロリンを摂取するためには

コラーゲンを作るプロリンは、1日に500~1000ミリグラムの摂取が理想とされています。

プロリンの正体はグルタミン酸からできるアミノ酸なので、グルタミン酸を多く含む食品から摂取することが可能です。 魚・昆布・チーズ・しいたけ・タマゴ・鶏肉・トマト・お茶などが主な食品として挙げられます。

ビタミンCと同じく熱に弱いので、できるだけ生食で食べるようにしましょう。 面倒な場合には、プロリンを含んだコラーゲン製品もあるので、そちらを利用しても良いと思います。

Copyright © 飲むコラーゲン
借金の取立ての悩み