皮膚の老化とコラーゲン

コラーゲンを摂取することで、肌の老化を防ぐアンチエイジング効果だけではなく、 身体全体のアンチエイジング効果にも期待することができます。 年齢とともに肌や健康が気になってきたのであれば、コラーゲンを摂取することで、若々しい身体を取り戻しましょう!

トップページ > コラーゲンの豆知識 > 皮膚の老化とコラーゲン

年齢とともに薄くなる人間の皮膚

人間の皮膚は外側から順に、表皮、真皮、皮下脂肪で成り立っていますが、美肌に最も関係が深いとされているのが真皮の部分。 真皮は二十歳くらいをピークに、年齢とともに薄くなるとされ、ピーク時を1として、 老年期においては、ピーク時の2割程度の薄さしかなくなるといわれています。

真皮の主成分はコラーゲンであり、7割もの割合を占めている成分です。 肌のハリ不足やシワの原因となるのは真皮の老化。 その老化に少しでも歯止めをかけるよう、コラーゲンを補うのです。

また、コラーゲンの衰えによって新陳代謝が鈍ることで、皮膚にさまざまな影響がでるといわれています。

例えば、新陳代謝の衰えによってコラーゲン同士が不自然な形で結びついてしまうことで、 皮膚は水分を保つ場所を失ってしまいます。その結果、お肌は保湿効果を失い、カサカサしたお肌になってしまうのです。

新しいコラーゲンの補給がポイント!

カサカサしたお肌の原因は、コラーゲンの老化によるものとも言い換えられます。 このようなお肌の老化を防止するためには、新たにコラーゲンを補給して、保湿効果を高める必要があるのです。

コラーゲンを補給することで、再び新陳代謝も良くなり、保湿効果も高まるので、 お肌を張りのあるみずみずしいものに戻す効果が期待できます。

化粧品などに含まれているコラーゲンは、成分自体が大きく、肌を通して真皮層にコラーゲンが届くことはありません。 ですので、体内から摂取する必要があるのです。

Copyright © 飲むコラーゲン
借金の取立ての悩み