コラーゲンとは?

肌の老化の防止など美容面にコラーゲンは影響を持つ成分ですが、関節痛予防などの健康にも貢献する成分です。 コラーゲンについて理解を深めることで、肌の美容や健康の維持に大きく役立ちます。

トップページ > コラーゲンの豆知識 > コラーゲンって何?

コラーゲンはたんぱく質の一種

コラーゲンは、美容に欠かすことのできない成分として知られていますが、 そもそもコラーゲンとはどのようなものなのでしょうか?

コラーゲンはたんぱく質のひとつで、人間の身体を構成するたんぱく質のおよそ3割を占めています。 たんぱく質だと一言でいっても、1種類ではなく、30以上の種類があるといわれています。

コラーゲンは、皮膚はもちろん、筋肉、内臓、骨、関節などをつかさどる成分の一つで、 体にとって必要不可欠な成分です。

コラーゲンの働きは、簡単に言うと、細胞と細胞をつなぎとめながら、 細胞をキレイに仕切り並べる働きをしていると考えられています。 コラーゲンがキレイに細胞を並べ支えてくれるからこそ、細胞分裂などが正常に行われるとも言われています。

なので、もしコラーゲンが不足すれば、肌の状態が悪くなるだけではなく、 体にとって大きな影響が出ると考えても良いでしょう。

このように体内で占める割合が多く、その働きが体を正常に機能させるために必要だからこそ、 欠かすことの出来ない成分なのです。

肌とコラーゲンの関係で言えば、真皮層の主成分はコラーゲンであり、その割合は70%とも言われています。 この数字を見れば、肌にも大きな影響力を持つ成分であることは言うまでもありません。

どうやって摂取する?

美容に効果があるとされる、良質なコラーゲンを摂取するにはどうすれば良いのか?

良質なコラーゲンを摂取する方法にはいろいろありますが、 コラーゲンドリンク、ゼリー、サプリなどが、手軽にコラーゲンを摂取できる、 最もポピュラーな方法でしょう。

実際、含まれているコラーゲンも各販売元がこだわって製造していることが多いので、 美容目的で摂取したいのであれば、これらを利用して摂取するのが一番だと思います。

とは言え、自然の食事、食べ物からコラーゲンを摂取したいと思っている方もいるでしょう。 もちろん、食事として口にしている食物からもコラーゲンは摂取することが出来ます。

主な食品を挙げると、豚足、ゼラチン、ゼリー、スジ肉、鶏軟骨、鶏皮、魚の皮、フカヒレなどは、 コラーゲンを含む食品として良く知られています。

これらを上手に摂取できれば、コラーゲンを特別摂取する必要はないと思いますが、 ここで大きな問題が出てきてしまいます。

それは、女性の敵とも言える「カロリー」です。 コラーゲンを含む食品の多くが、カロリーも多く含んでおり、必要なコラーゲン量を食物だけで摂取しようと思うと、 多くのカロリーも摂取してしまうことになるのです。

また、多く含む食品とは言え、コラーゲンを十分に摂取するには、大量に食することも必要になるので、 実際には食品だけで摂取するのは難しいとも考えられます。 ですので、コラーゲンドリンクやサプリなどの愛用者が多いのです。

自然の食品からも摂りつつ、コラーゲンドリンクやサプリなどで定期的に摂取するのが、理想かもしれません。

Copyright © 飲むコラーゲン
借金の取立ての悩み